FX:為替 BTC/USD テクニカル分析 2018/11/21

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・BTC/USDは10/15に安値 5386$を付けてから若干反発しましたが、今週の月曜日から大幅に値を下げ4375$付近まで下げました。

・約1年ぶりに5000$割れを記録し、2018年では最安値を更新しました。

BTC/USD 日足テクニカル分析

■直近のサポート&レジスタンスライン

レジスタンスライン1:5800$

サポートライン1:3000$

BTC/USDを日足で分析すると、

2018/02/06に安値 5830$を付けてからは数回、5500$手前まで下げましたが、5500$付近がサポートラインとなっていました。

しかし、5500$のサポートラインを今週割り込んでからは4258$まで一時下落しました。

昨日は若干、反発し、下げ止まったように見目ましたが、相場の流れからは下げ止まる気配はないので、割安感からの買いは非常に危険な状況と言えます。

BTC/USD 週足テクニカル分析

週足で分析すると、

2018/01/07の週から大きく下落が始まり、16494$から4350$まで今年は値を下げていることになります。

週足ではは既に移動平均線のSMA100を割りこんでいますので、次のターゲットとしては移動平均線のSMA200付近になる可能性も大いにあります。

さらに値を下げた場合は3000$が直近のサポートラインとなります。

今後の展開として

・下降トレンドが継続し、下げ止まる要因がないので、割安感からの買いポジションは危険な状況です。

・このまま下降トレンドが継続すれば移動平均線のSMA200付近の3000$がサポートラインとなります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*