FX:為替 CAD/JPY テクニカル分析 2018/05/09

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・CAD/JPYは、83.88円を底値として底値を切り上げながら続伸し85円のレジスタンスラインもブレイクしました。

・カナダ/円は本日高値圏推移。買い優勢地合いが引き継がれ本日高値圏で推移中

CAD/JPY 週足テクニカル分析

直近のサポートライン・レジスタンスラインとして、

レジスタンスライン1:85.75円

サポートライン1:84.00円

CAD/JPYは2018/05/02の高値 85.73円を更新してからは大幅に下落していましたが、83.88円を底値として、反発し85円のレジスタンスラインもブレイクしました。

一目均衡表で見ると、現在のローソク足は基準線から反発し、転換線をブレイクし雲上限も上抜けました。。

日足では雲上限の次にはSMA100が85.50円付近にあり、直近の高値が85.75円付近なのでこのレジスタンスラインをブレイクすれば上昇トレンドへ転機する可能性が出てきました。

CAD/JPY 4時間足テクニカル分析

4時間足で見ると、SMA200付近を底値として下ヒゲが発生し反発の予兆の後からは上昇へと転記しSMA100もブレイクし続伸しています。

85円のレジスタンスラインをブレイクしたことで85円はサポートラインとなり今後は、このサポートラインより上で推移する限りさらに高値を目指す可能性が出てきました。

85.70円付近のレジスタンスラインは2018/04/18と2018/05/02に二度試していますが何れも失敗に終わっていますがこのまま続伸すれば再度、試す可能性があります。

今後の展開として

・85円を割らない限りは、引き続き上値を狙う動きになると推測します。

・85円を割った場合1時間足のSMA100付近の84.70円付近がサポートラインとして機能するか否かに注目です。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*