FX:為替 CAD/JPY テクニカル分析 2018/09/12

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・CAD/JPYは、先週83.76円の安値を付けた後から3日間続伸し、昨日は大幅に上昇し大陽線が形成されました。

・トランプ米大統領がカナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について前向きな発言をしたことで、強含みに推移している。

CAD/JPY 日テクニカル分析

CAD/JPYを日足で分析すると、

レジスタンスライン1:85.50円

サポートライン1:83.76円

CAD/JPYは2018/09/06の安値 83.76円を付けた後からは3日間続伸し、昨日は大幅に上昇し大陽線が形成され85.40円でクローズされました。

これはトランプ米大統領がカナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について前向きな発言をしたことで大幅に上昇しました。

2018/08/30の高値 86.58円から2018/09/06の安値 83.76円へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

現在の値はフィボナッチ61.8%付近まで回復しました。

同時にレジスタンスラインの85円をブレイクしたことで移動平均線のSMA200も昨日の終値で超えてクローズしたことから、下降トレンドから上昇トレンドへと転機したと判断出来ます。

しかし、今後の展開としては85円を維持して推移出来るかが注目されます。

CAD/JPY 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると

83.76円から底値を切り上げながら上昇が継続しましたが移動平均線のSMA200&SMA100をブレイクしたところで大きく上昇しました。

今後、上昇トレンドラインに沿って上昇する限りはこのトレンドは継続すると推測されます。

また、直近のサポートラインとしては前回のレジスタンスラインの85.00円になります。

今後の展開として

・85円台を維持して推移する限り、上昇トレンドが継続と判断出来るので直近の高値 86.50円付近まで上昇する可能性があります。

・下降トレンドラインを割り込んだ場合は、一旦は84.00円をサポートとして戦略を考える必要があります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*