FX:為替 EUR/JPY テクニカル分析 2018/05/22

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

これまでの動向

・EUR/JPYは2018/05/22に高値 131.34円を更新した後からは下落へと転じ5日間陰線が出ています。。

・イタリア再選挙見据えユーロ売り止まらず大幅に下落しています。

EUR/JPY 日足分析

2018/05/08の安値 129.22円から2018/05/22に高値 131.34円へフィボナッチ・リトレースメントを引くと

既に、フィボナッチ261.8%のラインを超えてさらに下落していますが、125.02円を底値として戻しています。

しかし、イタリア再選挙見据えユーロ売り止まらず大幅に下落し、現在は月足のSMA100が抵抗となっています。

ただ、再選挙は早くても9月であり、場合によっては来年初旬なのでこの段階でのイタリア国債やユーロへの売りには、やや行き過ぎの感もあるのでここからの追撃売りはリスクが高い。

EUR/JPY 4時間足分析

4時間足ではダブルトップが形成され、ネックラインを割り込んでからは大幅に下落しています。

現在は、125.02円で下げ止まっているように見えますが、再度、売りが再開する可能性もあるので注意が必要です。

また、127.30円を超えるまでは買いポジションを持つことは控えたい。

今後の展開として

・126.50円付近で再度、戻り売りが再開する可能性があるので状況を見定める必要がある。

・127円台に乗せることが出来れば下落トレンドが一旦、終了し、トレンドが変わる可能性が出てきます。

ユーロ オーダー

130.00円 売り

129.80円 売り

129.40円 売り

128.80-129.00円 断続的に売り

128.60円 超えるとストップロス買い

128.00円 売り

127.50円 売り

125.85円 5/29 15:00現在(MT4)

125.00円 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*