FX:為替 EUR/JPY テクニカル分析 2019/03/06

EUR/JPY 週足テクニカル分析

週足でEUR/JPYを分析すると、

先週は125円前半から約200Pipsほど上昇し127.49円まで一時値を伸ばしましたが、先週末の終値では127.16円まで押し戻されました。

126円のレジスタンスラインを超えてからはさらに値を伸ばしましたが欧州中央銀行(ECB)理事会では、貸出条件付きの流動性供給オペ(TLTRO)第3弾が導入される可能性が高まったことで伸び悩みました。

また、テクニカル的には、

移動平均線のSMA200が127.35円付近に位置していることからそのラインが意識され抵抗線となった可能性もあります。

しかし、127円台を週足で維持できたこと、ADXの値が25よりも上で推移していることから、再度、反発する可能性があります。

エリオット波動でみると、

先週のローソク足は第3波になり第4波が第1波の高値を割り込むことがないというルールを基準に考えれば、第4波の戻りが126円を割らない限り、第5波目で128円を超える可能性もあります。

しかし、逆に、第5派は時々、第3波の高値を抜けることができないと言われていることもあることは忘れないように相場の動きに注目しましょう。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*