FX:為替 EUR/USD テクニカル分析 2018/02/20

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

これまでの動向

・EUR/USDは先週、上昇幅を拡大したが、1.2550のレジスタンスに阻まれ上昇は失敗しました。

・1.2370付近で下支えされたので今後はこのラインがサポートラインとなる。

EUR/USD日足 分析

日足では、2018/01/25に高値 1.2537を更新しましたが1.2550の高値を超えることは出来ず、2月に入って2回ほど上値を試しましたが失敗し、一旦、1.2200付近まで下げました。

しかし、再度、反発して、1.2555まで伸びましたが、レジスタンスラインで上値を抑えられて上抜けすることは出来ませんでした。

日足では上昇トレンドラインが形成されており、このトレンドラインを割らない限りは再度、上値を試す可能性があります。

EUR/USD 4時間足分析

2018/02/09の安値 1.2203から2018/02/16の高値 1.2253へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

1.2550のレジスタンスラインを超えることが出来ず、下落の調整相場に入り、フィボナッチ23.6%を下抜けし、フィボナッチ50%付近まで下げました。

しかし、フィボナッチ50%付近をサポートラインとして、上昇トレンドラインより上で推移する限り、引き続き上昇トレンドを維持することが予想されます。

直近では、まずフィボナッチ38%を超えることが最初の壁になるでしょう。。

今後の展開

上昇トレンドラインに沿って上昇が継続するか否かに注目。

フィボナッチ50%を割った場合は、1.2338付近は簡単に下抜けSMA200付近まで下がる可能性がある

ユーロ オーダー

1.2600ドル 超えるとストップロス買い

1.2550ドル OP22日NYカット大きめ

1.2500ドル 売り、OP22日NYカット

1.2410ドル 2/20 02:00現在(MT4)

1.2375ドル OP22日NYカット

1.2360ドル 断続的に買い

1.2300ドル 買い

1.2270ドル 買い

1.2240-50ドル 断続的に買い

1.2200ドル 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*