FX:為替 EUR/USD テクニカル分析 2018/04/27

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

これまでの動向

・EUR/USDは一目均衡表の雲上限から雲下限も下抜け、さらに日足SMA100も割り込み急激に下落しました。。

・ドラギ総裁は、「景気の鈍化が一時的か判断する必要がある」と、量的緩和(QE)の終了時期を示唆しなかったため、ユーロの売りが優勢となった

EUR/USD日足 分析

EUR/USDは、今週に入り日足一目均衡表の雲を下抜けた、さらにSMA100も下抜けており、さらに下回ればSMA200が位置する1.200ドル前後まで下値余地が広がる可能性があります。

ドラギ総裁は会見で「インフレ押し上げのため潤沢な水準の緩和が必要」などと発言してハト派姿勢を強調したことでユーロはさらに下落しました。

現在のローソク足は、一目均衡表の雲下限に位置し、基準線よりも下、転換線よりも下に位置していることら下落へと転機したと言える。。

日足で見るとSMA100とSMA200の間でのレンジ相場が予想されるが、SMA200を割り込むことがあればさらに下落する可能性がある。

EUR/USD 4時間足分析

4時間足で見ると、2018/04/19の高値 1.2400を付けてから下降が開始し、SMA100,SMA200も割り込みサポートラインの1.2200も割り込んでさらに下落しています。

下降トレンドラインも形成され、大幅な陰線も出ているので、多少反発する可能性もあるが、まずは、下降トレンドラインを上抜けることが出来るか否かが焦点となる。

また、1.2100割れが起こると日足SMA200の1.2000まで下げる可能性は十分にあるので注意が必要です。

今後の展開

・下降トレンドラインを上抜けるまでは戻り売りで相場の流れについていく

・1.2100がサポートラインとして機能するか否かを見定めてから方向性を明確にしていく。

ユーロ オーダー

1.2440ドル 超えるとストップロス買い、OP27日NYカット

1.2420-30ドル 売り・ストップロス買い混在

1.2410ドル 売り

1.2400ドル 売り厚め

1.2380-90ドル 断続的に売り

1.2350-60ドル 断続的に売り

1.2300-30ドル 断続的に売り

1.2260-70ドル 断続的に売り

1.2250ドル 超えるとストップロス買い

1.2240ドル 売り

1.2100ドル OP27日NYカット大きめ

1.2104ドル 4/27 02:00現在(MT4)

1.2050ドル 買い

1.2000ドル 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*