FX:為替 EUR/USD テクニカル分析 2018/11/12

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

これまでの動向

・EUR/USDは1.14$台から1.13$台半ばまで急落し金曜日には1.1315の安値をつけたことで今年最安値の1.1300$が視野に入りました。

・2018年の安値は2018/08/15の1.1299$、2018/10/31の1.1301$、2018/11/09の1.1315$になります。

EUR/USD日足 分析

EUR/USDを日足で分析すると、

先週1.14$台から1.13$台半ばまで急落し金曜日には1.1315の安値をつけたことでこの値は年内で三番底を付けたことになり今年最安値の1.1299$が視野に入りました。

下落のきっかけは欧州委員会が示したイタリアの経済見通しで成長率は総じてイタリア政府の見通しを下回り、財政赤字の対国内総生産(GDP)比率も、2020年に3.1%(イタリア政府見通しは2.1%)と、欧州連合(EU)の規律目標である3%を超える見込みとしたこと。

イタリア政府が来週13日までに修正予算案を提出しなければ、欧州委員会は財政赤字是正に向けた措置の策定に着手する事になるので市場は欧州委員会の見通しにユーロ売りで反応した。

また、2018年の安値は2018/08/15の1.1299$、2018/10/31の1.1301$、2018/11/09の1.1315$となり、二度に渡って下値を支えた強力な下値支持があると考えられるが、1.13$で3度目の下値支持を見せるかが注目されます。

しかし、イタリア不安がさらに高まれば、この水準を下抜けてユーロ安が加速し、下値支持を失えば1.1000$も視野に入る可能性がある。

EUR/USD 週足分析

週足で分析すると

2018年1月~3月でダブルトップが形成された後からはネックラインを割り込み、上昇トレンドが終了して、下降トレンドへと変化しました。

現在のローソク足は過去から数回、移動平均線のSMA200が下支えとなり、反発したことで、今週の動きで1.1300$を維持し再度反発すればダブルボトムが形成される形となり、このチャートパターンが完成した時は、下降トレンド終了を示唆しますので重要な節目となります。

しかし、このサポートラインを週足の終値で割り込むと、さらに下落が継続し、1.1000$が視野に入ります。

今後の展開

・ダブルボトムが形成されれば、下降トレンドが終了し、上昇トレンドへと転機する可能性が出てきます。

・1.13000$は非常に重要なサポートラインになりますので、今後の動きが注目されます。

ユーロ オーダー

1.1550ドル 売り

1.1515ドル 売り

1.1500ドル 売り、OP14日NYカット大きめ

1.1450ドル 売り

1.1395ドル 売り

1.1375ドル 売り

1.1330ドル 11/12 00:00現在(MT4)

1.1300-10ドル 断続的に買い

1.1295ドル 買い厚め・割り込むとストップロス売り

1.1200ドル 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*