FX:為替 EUR/USD テクニカル分析 2019/03/13

EUR/USD 4時間足分析

4時間足でEUR/USDを分析すると、

2019年02月28日に高値 1.1419$を付けてから高値を切り下げてきましたが03月04日に大陰線が形成され、翌日も大陰線が形成され、1.1300$付近で下げ止まったように思われましたが、さらにそこから3日連続で大陰線が形成され1.1174$まで大幅に下落しました。

しかし、その後は、大きく反発しV字回復して1.3000$手前まで回復しました。

フィボナッチ・リトレースメントで見ると、

現在の値は、02月28日の高値 1.1419$から下落した時点から約50%まで戻したことになりますが、1.13000$付近には移動平均線のSMA50が位置しておりこのラインが抵抗線となって伸び悩んでいます。

今後さらに値を伸ばすにはこのレジスタンスラインの1.3000$を超える必要がありますが、取引高が減少していることから一旦、調整が入ると推測します。

また、上昇トレンドラインが形成されていることから調整が入ってもこのレジスタンスラインを割り込まない限りは上値の1.3000$を試す可能性は十分にあります。

しかし、フィボナッチ38.2%が示す1.1273$を割り込めばトレンドの転機と判断するべきです。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*