FX:為替 EUR/USD テクニカル分析 2019/04/15

EUR/USD 4時間足分析

4時間足でEUR/USDを分析すると、

4月2日に底値 1.1200$付近を底値として、大幅に反発し、乱高下楽しながらも底値を切り上げながら上昇し、先週末の金曜日には一時、1.1300$台に到達しました。

先週末の金曜日には生産者物価指数、新規失業保険申請件数等の米経済指標の上ブレに1.12台半ばまで下押ししていたユーロドルでしたが、この大口の買いに1.1290$付近まで上昇し、その後、そのままユーロ高値圏での取引を維持し欧州勢参入後に一段高となり、一時1.1310&の高値をつけました。

テクニカル的にには移動平均線SMA200をブレイクしたことでラウンドナンバーとして意識されていた1.1300$もブレイクし一段高となりました。

1.1300$台に到達したことで週末控え手仕舞い売りのため先週金曜日の終値では1.1300$を割り込みましたが、押し目買いのチャンスがあると想定します。

また、今後の動向としては、一段高になったことで、移動平均線のSMA200を割り込まない限りは再び、続伸すると想定します。

■EUR/USD 4時間足 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.1320$

サポートライン:1.1290$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*