テクニカル分析

FX:為替 GBP/JPY テクニカル分析 2017/10/02

投稿日:

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・2017/09/21 高値152.82円は2016/10/06の安値124.78円以降もっとも高い高値を付けた。

・2017/09/18の週以降は動きは限定的

・2017/10/02 17:30 発表の(英) 9月 製造業購買担当者景気指数(PMI):前回:56.9

GBP/JPY 週足テクニカル分析

2017/09/10の週に上昇して151.53円の高値を付けて以降は、動きは限定的。

SMA100より上に位置し且つ、上昇トレンドラインより上に位置している。

20171002-technical-gbpjpy-W1

GBP/JPY 日足テクニカル分析

2017/08/24の安値 139.29円から2017/09/21の高値 152.82円へフィボナッチを引く。

上昇する場合は、フィボナッチ127.8%の156.33円を目指す傾向が強いです。

RSIを見ても、70%付近に位置し、100日移動平均、200日移動平均を超えているのでテクニカル的には上昇の兆しがあります。

20171002-technical-gbpjpy-D1

GBP/JPY オーダー

153.00円 超えるとストップロス買い
152.50円 超えるとストップロス買い
152.00円 売り、OP16日NYカット 

150.88円 10/02 02:30現在(MT4)

150.00円 買い
149.00円 買い
148.00円 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

-テクニカル分析

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

関連記事

FX:為替 GBP/USD テクニカル分析 2018/03/26

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。 最近の動向 ・GBP/USDは米利上げペース加速の思惑は後退し、ポンド買い・米ドル売りが活発となった関係でポンド・円は一 …

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

FX:為替 GBP/JPY テクニカル分析 2017/09/18

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。 最近の動向 ・英CPIと政策イベントがポンド買いを誘い、ポンドドルは2016年9月以来の1.34ドル近辺、ポンド円は15 …

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

FX:為替 GBP/USD テクニカル分析 2018/01/11

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。 最近の動向 ・GBP/USDは1.3500を維持することが出来れば更に上昇する可能性があります。 ・日足では上昇トレンド …

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

FX:為替 CAD/JPY テクニカル分析 2018/05/09

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。 最近の動向 ・CAD/JPYは、83.88円を底値として底値を切り上げながら続伸し85円のレジスタンスライン …

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

FX:為替 AUD/JPY テクニカル分析 2017/10/27

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。 最近の動向 ・2017/10/25の(豪) 7-9月期 四半期消費者物価は前期比+0.6%に留まり、市場予想の+0.8% …

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone