FX:為替 GBP/JPY テクニカル分析 2018/08/14

移動平均とRSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・GBP/JPYは2018/07/16の高値 149.31円を付けてから下降トレンドへと変化し一時147.14円まで反発しましたがそこから再度下げ140.22円まで下落しました。

・英国の6月ILO失業率(国際労働機関失業率)が4.0%と予想比強めの結果となったことを受け、ポンド/円は142円台半ば方向へ続伸となったが、平均賃金の伸び率が鈍化したことが重石となり141円台後半で揉み合い推移。

GBP/JPY 日足テクニカル分析

GBP/JPYを日足で分析すると、

第3レジスタンス:149.00円(200日移動平均線)

第2レジスタンス:146.30円(75日移動平均線)

第1レジスタンス:143.30円(転換線)

2018/08/01の高値 147.14円の高値を付けてから続落し、先週は5日連続陰線が形成され大幅に値を下げた週でしたが今週月曜日に140.22円の底値を付けてからは反発しています。

一目均衡表から分析すると、

現在のローソク足は基準線、転換線よりも大幅に位置しておりますが、140.22円の底値を付けてからは下ヒゲ陽線が形成されたことで短期的には反発する可能性が出てきました。

反発した場合は、戻りの目標値として一目均衡表転換線(8/14現在143.30)付近を予想します。

GBP/JPY 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると、

現在のローソク足は、移動平均線のSMA200とSMA100よりも下に位置しており、既にSMA100とSMA200でデッドクロスが形成されています。

また、移動平均線のSMA100とSMA52で形成された雲よりも遥か下に位置しているので短期的には下降トレンドが継続しています。

今後の展開として、

しかし、140.20円を底値として反発しているので、直近の高値142.45円、または雲下限まで反発する可能性が出てきましたがこのレジスタンスラインを超えない限りは再度下降する可能性があります。

既に今年の最安値は更新しているので今後、さらに下落した場合は、2017/08/24につけた安値 139.29円を目指す可能性があります。

現在、4時間足では下降トレンドラインに沿って下落していましたが、この下降トレンドラインを超えることが出来るか否かに注目されます。

GBP/JPY オーダー

144.50円 売り厚め

144.00円 売り

143.80円 売り・超えるとストップロス買い

143.60円 売り

143.00円 売り

142.50-60円 断続的に売り

142.00円 売り

141.52円 8/14 15:00現在(MT4)

140.50円 買い

140.20円 買い

140.00円 買い・割り込むとストップロス売り

139.50円 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*