FX:為替 GBP/JPY テクニカル分析 2018/11/19

移動平均とRSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・GBP/JPYは11/08の高値 149.49円を付けてからは高値を切り下げながら下降していたが、先週の金曜日に約3円以上下落し144円台へ推移しました。

・メイ首相に対する不信任投票の実施を求める動きも表面化した事などが要因となった。

GBP/JPY 日足テクニカル分析

5日移動平均線    146.31円 (前営業日146.89円)

21日移動平均線   146.20円 (前営業日146.26円)

90日移動平均線   145.73円 (前営業日145.77円)

200日移動平均線  147.19円 (前営業日147.22円)

GBP/JPYを日足で分析すると、

GBP/JPYは11/08の高値 149.49円を付けてからは高値を切り下げながら下降していたが、先週の金曜日に約3円以上下落し144円台へ推移しました。

これは、先週金曜日に英国と欧州連合(EU)が合意した離脱協定案の閣議了承を受けて、ラーブ離脱担当相ら数名の閣僚が辞任。

さらに、メイ首相に対する不信任投票の実施を求める動きも表面化した事が要因。

現段階ではメイ首相の不信任決議には高いハードルが存在する事も事実でだが、今のところ不信任決議を支持する与党議員は約30人とされ、投票実施に必要な48人には届いていない。

もし不信任投票を実施できても、メイ首相を辞任に追い込むために必要な過半数票(158票)を得られる公算は小さいと見られている。

中長期的なポンド相場の展開については予断を許さないが、先週金曜日に付けた底値 144.23円が今年の3番底となれば一段安の予兆と考えるのはまだ早い。

GBP/JPY 1時間足テクニカル分析

1時間足で分析すると、

148.50円のレジスタンスラインを超えることが出来ず、移動平均線のSMA200を割りこんでからは大幅に続落しましたが、145.20円付近で下げ止まりました。

今年に入って、既に2番底まで形成されているので、145.20円付近で下げ止まればこの値が3番底になり反発する可能性が出てきます。

1番底:2018/08/15 139.87円

2番底:2018/09/04 142.58円

3番底:2018/11/15 144.23円

今後の展開として、

2018/11/15 144.23円の底値が3番底となれば反発する可能性が出てきますが145.60円のレジスタンスラインをまずは超える必要があります。

また、144.23円で下支えを失えば、2番底の142.58円付近まで下げる可能性が出てきます。

GBP/JPY オーダー

149.00円 売り厚め

148.00円 超えるとストップロス買い

147.35円 超えるとストップロス買い

147.00円 売り

146.00円 売り

145.70円 超えるとストップロス買い

145.50円 売り

144.54円 11/19 01:30現在(MT4)

144.10円 買い

144.00円 買い厚め

143.85円 買い厚め

143.50円 買い

143.30円 買い

143.00円 買い厚め

142.50-80円 断続的に買い

142.00円 買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*