FX:為替 GBP/JPY テクニカル分析 2018/11/27

移動平均とRSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・GBP/JPYは143.95円の安値をつけた先週の水曜日から下値を切り上げ、金曜日の終値では145円を割り込みましたが、月曜日には再び145円台を回復しました。

・EUは25日に開催した緊急首脳会議で、英国のEU離脱案を正式承認しました。

GBP/JPY 日足テクニカル分析

本日の重要なサポート&レジスタンス

第3レジスタンス:145.70-75円(前日高値圏など)

第2レジスタンス:145.60-65円(4時台高値圏など)

第1レジスタンス:145.50-55円(90日移動平均線など)

GBP/JPYを日足で分析すると、

GBP/JPYは先週の水曜日 11/21に底値 143.95円を付けてからは底値を切り上げながら上昇しましたが週末の金曜日に145円を割り込みましたが、月曜日には145円を回復した。

これは、欧州連合(EU)は25日、臨時首脳会議を開き、英国のEU離脱について、(1)離脱条件などを定めた「離脱協定案」と(2)離脱後の通商関係などの大枠を示す「政治宣言案」を柱とする離脱交渉合意案を正式決定したことが要因です。

レジスタンスラインとしては145.70円付近になりますが、このレジスタンスラインを超えない限り、ポンド円の上昇は難しいと推測します。

また、先週には3番底として底固めが終わっているので、上値を試す余地はあると推測しますが、ファンダメンタルズに注意が必要です。

1番底:139.87円

2番底:142.60円

3番底:143.95円

GBP/JPY 4時間足テクニカル分析

4時間足で分析すると、

現在の値は145.90円~144.00円の間で推移していることからレンジ相場と判断出来ます。

しかし、ADXでは25%を超えていますが、37%付近で頭打ちしているように見えますがまだ上昇の余地はあると判断します。

今後の展開として、

145.90円を超え、移動平均線のSMA200を終値で超えた場合は、147円をまずは目指す可能性が出てきます。

しかし、144円を割り込んだ場合は、1番底の142円台まで値を下げる可能性があるので注意が必要です。

GBP/JPY オーダー

149.00円 売り厚め

148.40円 売り

148.00円 売り

147.35円 超えるとストップロス買い大きめ

147.00円 売り

146.00円 売り

145.37円 11/27 02:30現在(MT4)

144.00円 買い

143.85円 買い厚め

143.50円 買い

143.00円 買い

142.50-70円 断続的に買い





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*