FX:為替 GBP/USD テクニカル分析 2017/11/16

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・GBP/USDは1.3026付近で重要なサポートラインを形成

・2017年10月期の英・消費者物価指数が発表、予想値3.1%を少し下回り、3%の上昇(前年同月比)

GBP/USD 週足テクニカル分析

2017/09/20の高値 1.3655を付けてからは下落に転じ、1.3026で下げ止まり、再度、上昇へと転機したかと思われたが、1.3320付近のレジスタンスを超えることが出来ず、現在は週足のSMA100付近で推移している。

週足で見ると、SMA100を超えるか否かが注目するポイントです。

GBP/USD 4時間足テクニカル分析

2017/11/01の高値 1.3280から2017/11/02の安値 1.3042へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

フィボナッチ61.8%付近まで一旦戻し、再度、下落し、フィボナッチ50%付近まで現在は戻しているがSMA200によって上昇を妨げられている。

上昇へ転機するにはまずは、1.3185と1.3200付近のレジスタンスを超える必要がある。

また、サポートとしては1.3040となり、この1.3040を下抜けした場合、1.3000を下回る水準まで値を下げる展開となることが予測できます。

GBP/USD オーダー

1.3300ドル 売り
1.3160ドル 11/15 16:00現在(MT4)
1.3060ドル 買い・割り込むとストップロス売り
1.3040-50ドル 断続的に買い
1.3010ドル 割り込むとストップロス売り
1.3000ドル 買い厚め・割り込むとストップロス売り
1.2980ドル 割り込むとストップロス売り
1.2900ドル 買い、OP15日NYカット





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*