FX:為替 GBP/USD テクニカル分析 2019/03/12

GBP/USD 4時間足テクニカル分析

4時間足でGBP/USDを分析すると

先週末には1.3000$のサポートラインを割り込んでクローズされたことで今週はさらに値を下げる可能性がありましたが、週明けの月曜日は1.2959$付近で下げ止まった後、急激に反発しました。

さらに、12日に英国の欧州連合(EU)離脱案を巡る英議会での採決を控える中、「メイ首相がEU首脳との協議のために仏ストラスブールを訪れる」と伝わったことでさらに続伸し、メイ英首相の側近が「離脱合意案の修正を英政府が確保」と発言したことで、1.3288$まで急騰した。

しかし、本日、コックス英法務長官が「英国にとっては法的リスクは変わらない」と発言したことで、ポンドが急落し、一時、サポートラインの1.3000$付近まで下げたが押し戻している。

引き続きポンド中心の値動きには要注意で、相場は波乱含みであるので相場が落ち着くまでは安易にポジションは持たない方が賢明。

■GBP/USD 4時間足 レジスタン&サポートライン

レジスタンスライン:1.3290$

レジスタンスライン:1.3160$

サポートライン1:1.3000$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*