FX:為替 NZD/JPY テクニカル分析 2018/05/03

移動平均、RSIとフィボナッチ、一目均衡表を使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・NZD/JPYは2018/04/13の79.60円を直近高値として上値を切り下げながら下落が続いています。

・5/2にニュージーランド統計局が発表した第1四半期失業率は4.4%と、前期比で0.1ポイント低下しました

NZD/JPY 日足分析

2018/04/13の79.60円を直近高値として上値を切り下げながら下落が続き日足のSMA100もブレイクし更に続落しています。

一目均衡表でみると、雲上限を割り込み、基準線と転換線もブレイクし雲下限に沿った形で下落トレンドが続いています。

現在のローソク足は、雲下限付近付近で一旦下げ止まったように見えますが下値リスクにより警戒が必要であることに変わりありません。

NZD/JPY 4時間足 分析

4時間足では、直近の高値 78円付近から緩やかに上値を切り下げながら続落しSMA200を割り込み、下降トレンドラインが形成されています。

一旦、76.70円付近で反発し下げ止まったように見えますが、下値リスクへの警戒は継続しています。

下値リスクを払拭するには、まずは下降トレンドラインをブレイクし77.40円付近のSMA200を超える必要があります。

また、76.70円を下へブレイクした場合は、さらに下落し76円割れも視野に入る可能性があります。

今後の展開

・76.70円がサポートラインとして機能し、反発し下降トレンドラインをブレイクするか否かに注目。

・76.70円を割った場合は、直近の安値 75.58円付近まで再度、下げる可能性が十分にある。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone