FX:為替 NZD/USD テクニカル分析 2017/10/20

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・総選挙の結果を嫌気し、ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し約1年ぶりの大幅安となった。

・0.7200$付近まで回復したが、0.7008$まで選挙の結果で下落した。

・SMA200を維持することが出来なかった

NZD/USD 日足 分析

今週は、SMA200を超えて推移していたので、上昇傾向にあったのですが、昨日の総選挙の結果を受けて、0.7008$まで下落しました。

2017/10/06の安値0.7058から2017/10/17の高値0.7199へフィボナッチリトレースメントを引く。

更に下落する場合は、フィボナッチ161.8%を目指す可能性があるので、0.6969付近がターゲットとなる。

戻しがある場合は、フィボナッチ61.8%を目安とする。

20171020-nzdusd-technical-D1

NZD/USD 1時間足 分析

1時間足での直近のサポートラインとレジスタンスライン

レジスタンス1:0.7036

サポートライン1:0.7008

2017/10/19の高値0.7170から2017/10/19の安値0.7008へフィボナッチリトレースメントを引く。

急激に下落したので、戻しがあると仮定すると、

直近のレジスタンスライン:0.7036を超えた場合は、フィボナッチ23.6%、38.2%のあたりまでは戻す可能性がある。

逆に、更に下落する場合は、

直近のサポートライン1:0.7008を割った場合は、更に下落し、

0.7008$を割ったらさらに下落し、0.6969付近まで下がる可能性がある。

20171020-nzdusd-technical-H1





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*