FX:為替 NZD/USD テクニカル分析 2017/11/01

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・NZD/USDは、高値0.6929を更新後、この値を超えることが出来ず、下落している。

・2017年第3四半期のニュージーランド雇用者数変化は、市場予想0.8%に対して2.2%

・1時間足のSMA200を維持できるか否かが分かれ目。

NZD/USD 4時間足 分析

今週、NZD/USDはは高値 0.6929を更新してからは下落に転じている。

2017/10/27の安値0.6817から2017/11/01の高値 0.6929へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

現在、フィボナッチの61.8%付近まで下落している。

また、この値は1時間足のSMA200付近の値でもあり、サポートラインとして機能する。

NZD/USD 1時間足 分析

1時間足での直近のサポートラインとレジスタンスライン

レジスタンス1:0.6929

サポートライン1:0.6883

SMA200を超えるか否かが1時間足では重要なポイントとなる。

また、SMA200付近の0.6883前後付近では過去に数回上値を抑えられている箇所なので、このあたりを割ると、2017/10/27の安値 0.6825を目指し、更には0.6800を割り込んでいく可能性もある。

2017/10/27の安値 0.6825を目指す途中に、SMA100もあるのでこちらも注意したい。

上昇する場合は、SMA200がサポートとなり転機する可能性がある。

また、SMA200を割り込んでもSMA100がサポートとなり転機する可能性もあるので売りでポジションを持つ場合は、一旦はSMA100を利益確定の目安としたい。

逆に、上昇する場合は、SMA200から転機する場合と、下降トレンドラインを超えた場合のパターンが予想される。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*