FX:為替 NZD/USD テクニカル分析 2017/11/07

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を日足、4H足、1時間足で行います。

最近の動向

・NZD/USDは、安値0.6817を更新後、反発して上昇が続いている。

・4時間足のSMA100が抵抗ラインとなっているのでこのラインを超えるか否かが分かれ目。

・日足ではフィボナッチ・リトレースメント38.2%付近まで戻している

NZD/USD 日足 分析

2017/10/27の安値0.6817から2017/10/17の高値 0.7199へフィボナッチ・リトレースメントを引くと、

2017/10/27に安値 0.6817を付けてからは上昇に転じているが、フィボナッチの38.2%付近まで戻しているが上値が重たい展開です。

日足で見ると、数回上ヒゲが出て、押し戻されていることから0.6963付近には抵抗があると推測する。

NZD/USD 4時間足 分析

4時間足で見ると、SMA200の値は日足のフィボナッチの61.8%付近に位置する。

SMA100付近の0.6960が直近のレジスタンスラインになる。

過去に数回、このレジスタンス付近の値を試しているが、何れも抜け切れていない。

一旦、売りで入る場合は、上昇トレンドライン手前を利食いとしたいが、上昇トレンドラインを割ってからでも遅くはない。

また、上昇への転機は0.6960を超えてから方向性の確認をして判断したい。

もし0.6800ドル割れになると、NZドル一段安で0.6680方向狙いになります





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*