FX:為替 USD/TRY テクニカル分析 2019/03/05

USD/TRY 週足テクニカル分析

USD/TRYを週足で分析すると、

2018年08月18日まで続伸していたしたが、その日に高値 7.0579$を付けた後からは大幅に下落し大陰線が形成されトレンドが転機し下降トレンドが発生しました。

そして、16週目の2018年11月25日に安値 5.1166$を付けた後からはそのラインで下支えされ5.1166$がサポートラインとして機能し、5.5747$~5.1166$の間で推移していることからレンジ相場が形成されています。

また、2018年08月18日の高値と2018年11月25日でフィボナッチ・リトレースメントを引くと、フィボナッチ23.6%が上値抵抗となっています。

しかし、移動平均線のSMA50、100、200は右肩上がりで推移しており、現在のローソク足の値はSMA50より上で推移していることから中期的には上昇トレンドであることが示唆されています。

ADXではトレンドの勢いが無くなり25付近まで下落しましたが、RSIは50付近で推移していることから再度、反発する可能性があります。

■USD/TRY サポートライン・レジスタンスライン

レジスタンスライン1:5.57$

サポートライン1:5.11$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*