FX:為替 WTI/OIL テクニカル分析 2019/05/31

WTI/OIL テクニカル分析

■WTI/OILを日足で分析すると、

04月23日に66.58$の高値をつけてからは下落トレンドへと転換し、61$のサポートラインを05月23日に米中貿易摩擦の激化が原油需要見通しに大きな影響を与え、原油先物相場が約5%下落し半年ぶりに大きく下落し03月15日以来の安値となる57.34$を付けた。

しかし、先週から58$割れを数回試したが、一時的に割り込んではいるが終値では58$を回復していることからローソク足には下ヒゲが形成されていた。

このことから58$付近には大きな抵抗があり、58$割れを嫌がる動きが伺えることが示唆されていましたが、昨日、米エネルギー省が発表した週間在庫統計で原油在庫が予想ほど減らなかったことや、ガソリン在庫が予想に反して増加したことで、在庫統計発表後から原油先物は弱含みになり、3月上旬以来の水準まで大幅下落しました。

このことから、原油は一段下で今後、推移する傾向にあり、上値も重たく、直近では移動平均線のSMA200が上値を抑えているので今後、58$~55$の間で攻防が続き、方向性を模索する動きになることが予測されます。

■WTI/OIL 日足サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンス1:58.00$

レジスタンス2:55.00$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*