FX:為替 WTI/OIL テクニカル分析 2019/07/19

WTI/OIL テクニカル分析

■WTI/OILを日足で分析すると、

61$手前まで先週上昇しましたがそこから反転し、6日間続落し、陰線が連続で形成され一時、54$を割り込みました。

現在のローソク足の値は一目均衡表の雲の中にいますが、サポートライン(前回のネックライン)で下値が支えられいます。

これは中国の第2・四半期国内総生産(GDP)が27年ぶりの低い伸びにとどまったことで7月16日に大陰線が形成され移動平均線のSMA100も割り込み、SAM200も下抜けました。

また、軟調な米国株式市場やメキシコ湾の産出量拡大観測が重しとなったことで昨日は約2.5%値下がりしましたが、イランがホルムズ海峡で外国タンカーを拿捕したと公表したことを受け、反発しましたが、その後、「14日に燃料密輸の疑いで拿捕された?」と伝わり、押し戻されました。

今後、54.50$付近のサポートラインで下値が支えられれば、一目均衡表の雲中でレンジ相場が形成されると推測出来、雲中をどちらに抜けるかが注目されるポイントとなります。

■WTI/OIL 日足サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンス1:60.00$

レジスタンス2:56.00$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*