FX:為替 WTI/OIL テクニカル分析 2019/07/30

WTI/OIL テクニカル分析

■WTI/OILを日足で分析すると、

7月11日に61$手前の60.91$の高値を付けてからは7日間連続で陰線が形成され続落し、一時、54.74$まで値を下げましたが前回のネックラインが意識されたことで54.50$付近で下げ止まったと推測します。

現在、移動平均線のSMA50とSMA200が絡み合っていることから方向性を失っていることが示唆されていますが、下値を切り上げてきていることから上昇する余地はあると推測します。

しかし、移動平均線のSMA50とSMA200は右肩下がりであることから下げ基調にあることは明らかなので58$を回復出来るかが注目されます。

何れにしても、「イスラム革命防衛隊(IRCG)」による英タンカー拿捕などのニュースが地政学リスクの高まりを意識させたことで中東産原油の供給懸念を誘い、原油相場を押し上げるので地政学リスクには十分注意が必要です。

■WTI/OIL 日足サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンス1:58.00$

レジスタンス2:54.50$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*