NZドル/円(NZD/JPY)は三角持ち合いが形成されブレイクすると2012年の安値を目指す可能性大! テクニカル分析 2019/08/23

NZドル/円(NZD/JPY) テクニカル分析

■日足でNZドル/円を分析すると、

先週、67.50円の底値付近から大幅に反発し、大陰線を形成し69円台まで一時戻しましたが翌日に約半分ほど戻され68円台でクローズされました。

今週に入り、上ヒゲ、下ヒゲ付きのローソク足が形成されていることから、上げを試すが戻され、下げ渋りもしている状況で数日間、はっきりしない相場でしたが昨日、87円を割り込んだことで大陰線のローソク足が形成されたことから下げ基調であること示唆されました。

これは、日中株価指数が軟調に推移し、米10年債利回りが1.574%付近まで低下したことが起源であるが、このまま上値が重い状態が継続すれば再び、今年の最安値を更新する可能性があります。

その場合、2012年12月に付けた、安値 67.22円まで下げる可能性があります。

■NZドル/円(NZD/JPY) レジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスライン1:68.00円

サポートラインライン1:67.50円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*