NZドル/円(NZD/JPY)は下ヒゲがなく、長い上ヒゲをつけた陽線の形のローソク足が形成されたので下落のサイン? テクニカル分析 2019/09/25

NZドル/円(NZD/JPY) テクニカル分析

■日足でNZドル/円を分析すると、

先週は68.76円まで値を伸ばしましたが一目均衡表の転換線付近で上値が抑えられ3日間連続で続落し、大陰線が週末の金曜日には形成されました。

今週の月曜日は一時、67.20円の安値を付けたことで今年の2番底を更新しましたがそこから反発し一時、68円台まで値を伸ばしましたが終値では68円を割り込んだことで陽線のトンカチが形成されました。

これは下ヒゲがなく、長い上ヒゲをつけた陽線の形のローソク足で典型的な天井を打ったという状況で下落のサインとされていることから、直近のサポートライン付近までは下落することを示唆しています。

また、本日は11時にNZ中銀(RBNZ)が政策金利を発表されます。

前回会合で50bpの大幅利下げを決めた事などから、今回は政策金利であるオフィシャルキャッシュレート(OCR)を史上最低の1.00%に据え置く見通しであるが動向には十分注意が必要です。

■NZドル/円(NZD/JPY) レジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスライン1:68.00円

サポートラインライン1:67.20円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*