NZドル/円(NZD/JPY)は戻り売り基調にあるが基準線が位置する68円付近で下げ止まるか? テクニカル分析 2019/09/17

NZドル/円(NZD/JPY) テクニカル分析

■日足でNZドル/円を分析すると、

8月26日に2012年12月に付けた、安値 67.22円を更新し66.30円まで下げましたがそこから反発し下降トレンドラインをブレイクした後は、8月6日に付けた高値 70.07円手前まで上昇しましたが前回の高値(8月6日)と移動平均線のSMA50が意識され上値が抑えられ、今週に入り下落基調にあります。

これは中国本土(上海・深セン)の株式相場が大幅下落となる中、中国経済減速への懸念がオセアニア通貨の重石となったことが要因です。

一目均衡表では厚みのある雲が右肩下がりで形成されていること、転換線を既に割り込んでいることで戻り売り圧力が強まったことを示唆しています。

転換線が位置する68円で下げ止まれば、上値を再び試す可能性もあることから68円を割り込むか否かが今後の焦点となりそうです。

■NZドル/円(NZD/JPY) レジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスライン1:69.70円

サポートラインライン1:68.00円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*