USD/CAD テクニカル分析 2019/03/02

USD/CAD 日足テクニカル分析

日足でUSD/CADを分析すると、

直近では1.3300C$のレジスタンスラインを超えた後、移動平均線のSMA50のラインに阻まれ押し戻され、上ヒゲ付きのローソク足が形成され下落へと転機していました。

しかし、2月01日に付けた安値 1.3070C$付近で下支えされてからは底値を切り上げていましたが弱いカナダGDPをきっかけとした加ドル売りは継続され、USD/CADは1.3267C$まで加ドル売り・ドル買い進みました。

また、原油先物価格の下落も資源国通貨とされるカナダドルの重しとなりUSD/CADは一時1.3305C$まで反発しました。

金曜日のカナダ・ドルは、米ドルに対する下落率が0.9%と主要10通貨で最大であったことで、今後、さらにネガティブなニュース&原油先物価格の下落があれば加ドル売り・ドル買いが進むと推測します。

テクニカル的なポイントとしては、

レジスタンスラインとして意識されている1.3300C$をブレイクするか否かですが、この値の付近には移動平均線のSMA50も位置しており、過去にも数回超えたが押し戻されているので重要なポイントとなります。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*