WTI/OIL(原油)はチャンネル・アップまで値が戻ってきたことで再び、その範囲内で推移するか?テクニカル分析 2019/09/27

WTI/OIL(原油) テクニカル分析

■WTI/OILを日足で分析すると、

先々週に63$まで急上昇しましたが、その後、上昇した分を全て戻したことで下落基調となり今週は下降基調でした。

また、チャンネル・アップが形成されて、再びローソク足の値はチャンネルライン内に戻り、その範囲内で推移しています。

ここ2日間は移動平均線のSMA50とチャンネルラインの下限で下値を支えられたことで56$を一時割り込みましたが、再び56$台まで戻しています。

今後の動向としては、実態が短く、下ヒゲが長いローソク足が形成されたことで上昇転換のサインである可能性が高く、再びチャンネルライン上限まで上昇する可能性があります。

■WTI/OIL 日足サポートラインとレジスタンスライン

レジスタンス1:59.00$

レジスタンス2:56.00$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*