豪ドル/米ドル(AUD/USD)は日足でレンジ相場が形成されているのでどちらに抜ける? FX無料トレードシグナル 2019/08/19

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

豪ドル/米ドルを日足で分析すると、

0.7082$の高値を付けたが移動平均線のSMA200に上値を抑えられた後から大陰線が形成され下落へと転じ約10日間続落し0.6750$付近で下げ止まったように見えたが8月7日には一時、0.6766$まで下落しました。

しかし、その日に反発し長い下ヒゲ付きの陽線が形成された翌日には0.6820$付近まで反発しました。

現在は、0.6730$~0.6820$の間で推移していることからレンジ内での推移と判断出来ます。

従って、このレンジ相場を抜けた方向へとブレイクすると推測します。

一目均衡表の転換線より上にローソク足が位置していることから上昇方向へブレイクした場合は、基準線付近まで上昇する可能性があるだろう。

■買いの場合、
買い:0.6825$

利益確定:0.6860$

損切:0.6730$

■売りの場合、

売り:0.6725$

利益確定:0.6685$

損切:0.6820$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*