豪ドル/米ドル(AUD/USD)は1時間足と4時間足の移動平均線が抵抗となり上値を抑えるか? FX無料トレードシグナル 2019/09/28

豪ドル/米ドル(AUD/USD) テクニカル分析

■豪ドル/米ドルを4時間足で分析すると、

上昇トレンドから下降トレンドへと転換して0.6740$で下げ止まり反発しましたが上昇する力も弱く下降トレンドラインが形成されています。

また、27日には長い下ヒゲと上ヒゲで実態がない十字線が形成されたことで相場の転換期が示唆されていること、移動平均線のSMA20で上値が抑えられていることから売り基調にある。

■豪ドル/米ドルを1時間足で分析すると、

下降トレンド中でのレンジ相場が形成されていること、0.6765$は4時間足の移動平均線のSMA20であり、1時間足では移動平均線のSMA100が位置していることから、上値が抑えられているのでこのレンジ相場を下方向へブレイクした場合は、大きく下げる可能性がある

■買いの場合、

なし

■売りの場合、

売り:0.6740$

利益確定:0.6720$

損切:0.6770$





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*