FX:為替 NZD/JPY Trade Signal 2018/12/17

移動平均とRSIとフィボナッチを使った分析を週足、日足、4H足、1時間足で行います。

4時間足から分析する現在の状態

NZD/JPYは

・NZD/JPYは12/13の高値 78円付近からトレンドが下降トレンドへと再度転記し76.90円付近で下げ止まりました。

・76.90円で下げ止まったあとは若干反発しましたが77.30円で頭打ちとなり、77.30円~76.90円の間で推移しています。


78円付近から数回この値を超えることを試みましたが何れも失敗し、その後は大きく下落し、大陰線が形成され76.90円で下げ止まりました。

この下げ止まった76.90円は12/10にもこの値付近で下げ止まったことからサポートラインとして意識されているポイントとなります。

また、現在の値は4時間足の移動平均線のSMA200より下で推移していることからこのサポートラインの76.90円を割り込めばさらに下落する可能性があります。

1時間足から戦略を立てると

現在の値は移動平均線のSMA100とSMA52で形成される雲よりも下で推移し、短期的には下降トレンドが継続しています。

また、76.90円で下支えされた後は77.30円~76.90円の間で推移していることからレンジ相場が継続しているので、このレンジが崩れた時にはどちらかにブレイクする可能性が濃厚です。

■レジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスライン:77.30円

サポートラインライン:76.90円

■買いの場合、

なし

■売りの場合、

売り:76.85円

利益確定:76.65円

損切:77.30円





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*