王道な順張り&シンプル裁量の手法(改)-CADJPY-20190122

王道な順張り&シンプル裁量の手法(改)

今回は、王道な順張り&シンプル裁量の手法(改)を使いました!

これは今回初公開ですが、基本ストラテジーは王道な順張り&シンプル裁量の手法と同じです。

何が違うかというと、長い足だとチャンスが少ないので待てない!

というお客様の声がありましたので「改」バージョンを説明します。

長い足は参考程度なので、この「改」バージョンでは条件で長い足は見ませんw

マジで!

ということで、「改」バージョンを説明しますね

見るのは中間の足と短い足のみです。それ以外の条件は「王道な順張り&シンプル裁量の手法」と同じです

王道な順張り&シンプル裁量の長いの足

チャートをみると下げ始めたところですねw

王道な順張り&シンプル裁量の中間の足

チャートで見ると2019/01/22 05:00の始値で条件が揃っているので、短い足に切り替えます。

王道な順張り&シンプル裁量の短い足

2019/01/22 05:00で中間の足⇒短い足に切り替えた時点では条件を満たしているが、中間に切り替えてすぐだったのでポジション持てなかったので次のチャンスを待つ

2019/01/22 05:30の足で条件を満たしたので、指値を入れた。

決済指値は15Pips、ロスカットは直近高値

2019/01/22 10:00の足でT/1は決済されたので、残り半分のポジションの逆指値を変更した。

しかし、あえなくロスカットされたw

王道な順張り&シンプル裁量の結果

T/P1(利確):15 Pips

T/P2(利確):0 Pips

T/1で利益がでてT/2は損切されたが、結果は勝ちです!

利益を残すという考えなので仕方ないが、逆指値を最初設定した値のままだとさらに利益を伸ばすことが出来たけど、それは後付けの理由なので!

負けないことを意識したトレードをするということをルールにしているのでそのことを忘れないようにしましょう。

今回のポイントは、

長い足を見ないで、中間の足からポジションを持つことを検討するということで、取引のチャンスは増えますが、相場の状況を見て利益確定を10Pips くらいに抑えるのが得策です。

オシレーター系を見ながら利益確定を決めてもいいですが、欲張らず!

詳細な手法は
「FX:為替 MT4 王道な順張り&シンプル裁量の手法王道な順張り&シンプル裁量の手法とは?」





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*