王道な順張り&シンプル裁量の手法-EURUSD-20181112

王道な順張り&シンプル裁量の長い足

王道な順張り&シンプル裁量の長い足での条件が2018/11/12 04:00に揃った

ポイントは下ヒゲを出した後の動きでも反発しないで、下げ基調が続いたこと。

王道な順張り&シンプル裁量の中間の足

2018/11/12 04:00で長い足から中間の足に切り替えた。

短い足に切り替える前に念のためにこの中間の足で現在のローソク足の位置を確認することは負けない確率を上げるためです。

王道な順張り&シンプル裁量の短い足

2018/11/12 04:00で長い足⇒中間の足⇒短い足に切り替えたがこの時点では条件は満たしていないので様子見

2018/11/12 07:15で条件を満たしたのでポジションを持ちます。

この時、ポジションの半分を20Pipsで決済指値として指定します。

残りの半分のポジションはどこまで伸びるかわからないので、今回は手動で決済するつもりだったので決済指値はなし。

王道な順張り&シンプル裁量の結果

T/P1(利確):20 Pips

T/P2(利確):35 Pips

T/P1は大陰線が形成されすぐに決済されたが、T/P2は手動決済なのでさらに値が下がるのを期待しました。

しかし、1.1239$を底値として反発しましたので、手動で決済しました。

今回は、T/P2の取引は運が良く、値を大きく短い期間で伸ばしたので利益も大きかったです。

T/P1で既に利益が確定されているので、T/P2で多少欲張ってもゆとりがあるので冷静な判断が出来ます。

では!

詳細な手法は
「FX:為替 MT4 王道な順張り&シンプル裁量の手法王道な順張り&シンプル裁量の手法とは?」





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*