FX:為替 USD/JPY 週間マーケットレポート 2019/01/14 ~2019/01/18

毎週末にその週の振り返ると次週の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります。

先週の相場のポイント 2019/01/07 ~2019/01/11

この週のUSD/JPYは1月第一週に大きく104.72円まで下げたあと反発し、第二週は様子見の雰囲気もあり109.10円~107.50円の間で推移しました。

ドル円の動きの背景には下記の要因が考えられます。

01/07:パウエル発言を受け株価が大幅に反発したが、今後利上げを停止する可能性があることでドル円の上値は重かった。

01/08:ドル円は東京時間のに109円台に乗せましたが、NY市場では値を伸ばすことが出来ませんでしたが米長期金利が上昇し、株価も続伸したことでドル円は底堅く推移しました。

01/09:ドル円は複数の連銀総裁のハト派的な発言や、FOMC議事録でもハト派的な内容が明らかになったことで一時108円を割り込みました。

01/10:東京市場で107.76円近辺まで売られたドル円でしたが長期金利の上昇に加え、株価も続伸し、市場がややリスク先行に傾いたことからドル円は108.51円まで上昇しました。

01/11:米10年債利回りが低下したことでドル円は一時108.14円まで下げましたが、ユーロドルの下落をきっかけに円売り・ドル買いが強まると108.59円の本日高値まで持ち直した。

今週の主な経済指標発表

・01/16 22:30:(米) 12月 小売売上高 [前月比]

・01/16 22:30:(米) 12月 小売売上高(除自動車) [前月比]

・01/17 未定:(南ア) 南アフリカ準備銀行(中央銀行)政策金利

・01/17 19:00:(欧) 12月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]

・01/17 19:00:(欧) 12月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]

・01/18 08:30:(日) 12月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

・01/18 08:30:(日) 12月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]

・01/18 08:30:(日) 12月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]

FX 為替 ドル/円オーダー

110.00円 売り

109.10-20円 断続的にストップロス買い

109.00円 売り

108.90円 超えるとストップロス買い

108.80円 売り

108.51円 1/13 00:00現在(MT4)

108.00円 買い、OP15日NYカット大きめ

107.80円 買い

107.70円 割り込むとストップロス売り

107.50円 買い

107.25円 OP11日NYカット

107.00円 買い、OP17日NYカット

今週の戦略 2019/01/14 ~2019/01/18

・買いの場合:109.10円を超えた場合は、買いでポジションを持つことを検討する。

・売りの場合:107.50円を割った場合は、売りでポジションを持つことを検討する。





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*



*