FX:為替 USD/JPY 週間マーケットレポート 2019/02/18 ~2019/02/22

毎週末にその週の振り返ると次週の戦略となるポイントをお伝えします。
基本的には移動平均、ピボット、RSIを使った分析となります。

先週の相場のポイント 2019/02/11 ~2019/02/15

この週のUSD/JPYは109円後半から反発し一時、111円台まで値を伸ばしましたが売りオーダーに阻まれ110円半ばまで反落し先週金曜日はクローズされました。

ドル円の動きの背景には下記の要因が考えられます。

02/11:ユーロドルが1.13を割り込み、ユーロ安が進んだことでドル円は110円台を回復し推移しました。

02/12:ドル円は110円台半ばを中心にもみ合いになり値幅もわずか20Pips前後に留まりました。

02/13:米中通商協議の進展や、米政府機関再閉鎖が回避できるとの見方から、ドル円は111.04円まで続伸しました。

02/14:ドル円は小売売上高などの経済指標が予想外に低調だったことで、111円台から一時は110.44円辺まで反落しました。

02/15:米中通商協議の延長が決まったことでドル買いが先行しましたが、サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁が、年内の利上げは不要との考えを示唆したことで伸び悩みしました。

今週の主な経済指標発表

・02/20 28:00:(米) 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨

・02/21 21:30:(欧) 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨

・02/22 08:30:(日) 1月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]

・02/22 08:30:(日) 1月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]

・02/22 08:30:(日) 1月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]

・02/22 16:00:(独) 10-12月期 国内総生産(GDP、改定値) [前期比]

・02/22 16:00:(独) 10-12月期 国内総生産(GDP、改定値) [前年同期比]

・02/22 16:00:(独) 10-12月期 国内総生産(GDP、改定値、季調前) [前年同期比]

・02/22 19:00:(欧) 1月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]

・02/22 19:00:(欧) 1月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]

今週の戦略 2019/02/18 ~2019/02/22

111円~110円の間で推移する可能性が高いが、短期的には上昇トレンドなので110円を割らない限りは押し目買いのチャンスがあります。

・買いの場合:111.10円を超えた場合は、買いでポジションを持つことを検討する。

・売りの場合:110.00円を割った場合は、売りでポジションを持つことを検討する。

FX 為替 ドル/円オーダー

112.00円 売り

111.20円 売り

110.75円 OP20日NYカット

110.43円 2/16 00:00現在(MT4)

110.20円 買い・割り込むとストップロス売り

110.00円 買い厚め、OP15・18日NYカット大きめ

109.60-80円 断続的に買い

109.25円 OP15日NYカット

109.00円 買い、OP15日NYカット大きめ





にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

Share withShare on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInShare on TumblrEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*